スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水鳥プールのオシドリ 

o091106002.jpg

11月9日 きょうは水鳥プールにいるオシドリを取り上げてみました。

オシドリ 学名:Aix galericulata 英名:Mandarin Duck
ロシアの沿海州地方、樺太、日本などに生息するカモの仲間で、オスの成鳥の冬羽が鮮やかなことで知られています。大きさは、マガモよりも小型で、ハトよりも若干大きめです。

当園には水鳥プールにオスメスあわせて約30羽のオシドリがいます。

o091106006.jpg

「おしどり夫婦」という言葉から、実際のオシドリも夫婦仲が良いような印象を持たれがちですが、子育ては他のカモ類同様にメスが行い、繁殖期以外はオスメス別行動、オスは一年ごとにパートナーを変えるので、喩えに使われるほど仲が良いわけではないそうです。

オスメスいっしょに泳いでいる場面もあまり見かけず、どちらかというとオスはオス同士、メスは単独・・・みたいな感じで泳いでいます。

当園では多くの鳥達といっしょにいるためか、未だ繁殖した例はありませんが、神戸花鳥園などではヒナが孵っているようで、うらやましく思います。

o091106005.jpg

こちらがオシドリのメス。オスとはくらべものにならないくらい地味な色彩で目立ちません。でも、オスも秋から春の繁殖シーズンこそ鮮やかな冬羽根に包まれますが、夏はメスとほとんど変らず地味な鳥です。

ちなみに漢字では「鴛鴦」と書き、「えんおう」と読みますが、これは「鴛」はオス、「鴦」はメスのオシドリを指すそうです。

もう一つ、ちなみにこの写真のメスの個体は、バードスタッフも言っていましたが胸の部分がこの子だけ白くて、表情も眼が大きくて可愛いです。 ご来園されましたら、探してみてください。

o091106004.jpg

このオシドリたちは、日中は池から上がって、池の中にある島や、プールの外で眠っていることも多いです。特にお客様が少ない平日の日中は、そんな感じかな・・・と思います。スタッフの話では、週末などのお客様が多くみえるときは、日中でも池にたくさんいることが多いそうです。

o091106001.jpg

そしてもちろん、この鳥も人の手からエサを食べます。よく慣れている鳥は、プールの端に上がってエサをねだったりしています。

o091106003.jpg

オシドリは昔から日本人になじみの深い鳥ですが、カモの仲間ではいちばん美しい色彩を持っています。またよく知られている鳥ですが、誰もが普段からよく見慣ている鳥ではないので、特に年配のお客様から、おしどり夫婦の鳥、綺麗な鳥ねと言っている声を聞くこともあります。



QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。