スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロツラヘラサギが入りました 

h090705002.jpg

7月8日 「ふれあいのこみち」に4羽のクロツラヘラサギが新しくはいりましたのでご紹介します。クロツラヘラサギは、いままでこの場所に2羽いましたが、それと合わせて今のところ合計6羽がいます。

h090705005.jpg

クロツラヘラサギ
学名:Platalea minor 英名:Black-faced Spoonbill
ヘラサギに似ており、顔の部分が黒いのでこの名があります。体長は75㎝ほどで、ヘラサギよりも少し小型。干潟や水田、湿原などで、大きくてスプーンのようなくちばしを水につけて左右に振り、くちばしに触れた魚、カエル、カニ、水生昆虫などを捕食します。

朝鮮半島北西部で繁殖し、中国南部、台湾からインドシナ半島で越冬し、日本では、九州および沖縄で冬鳥として飛来しますが、世界的に大変珍しい鳥で、総個体数は700羽程度と推定されており、絶滅危惧保護動物に指定されています。 

と、この700羽という生息数はネットで簡単に得られる情報ですが、このように書いたところ、最近のデータでは2000羽ほどが生息しているそうです。 くわしくはこちら香港観鳥會のサイトをご覧ください。とのことで、ブログを見ていただいた方より情報をいただきました。どうも有り難うございました。

h090705003.jpg

今回導入した4羽も人の手によって繁殖し育てられたので、ものすごく貴重な鳥なのですが、それがうそのようにものすごく人になれています。エサを手に持つと、くちばしを振りながらみんないっぺんに近寄ってきます。

この鳥を知らない人は、花鳥園にいる他の鳥と同じように、人に寄って来る面白い鳥・・・と目に写ると思いますが、この鳥を知っている人は、まったくもって驚きの光景なはずです。クロツラヘラサギとふれあえる場所なんて、他にありません。

h090705001.jpg

くちばしはしゃもじのような形で、薄っぺらくて柔らかな樹脂のような感触です。

これらのクロツロヘラサギはまだ幼鳥ですが、大人になると名前のように顔やくちばしはほぼ真っ黒になり、後頭部の羽毛が少し長く垂れ下がります。

h090705006.jpg

現在のところこの場所に6羽がいますが、いずれ神戸花鳥園へ2羽移すなど合計4羽が移動されるそうです。でも同時に新しい個体も入ってくるそうです。とスタッフは話していましたが、しばらくは当園でこの6羽に会うことができそうです。



バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。