スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フクロウを乗せてみよう 

f090223008.jpg

3月3日 きょうは、午前、午後に行われている鷹匠ショーが終わった後に行われる、「フクロウを乗せてみよう」を少し詳しくご紹介いたします。

このコーナーは、大温室からふれあいゾーンに入ったすぐの場所で、午前10時50分~、午後1時20分~、午後3時20分~の一日3回行われています。なお、鷹匠ショーが終わった後になりますので、時間はやや前後する場合があります。

ここで登場するフクロウは決まっていて、上の写真のフクロウが登場します。でも、フクロウの体調や、特にポポちゃんなどの出張の場合は交代が登場することもあります。

午前10時50分~ ベンガルワシミミズク ゾロ  メンフクロウ ケンちゃん

午後1時20分~ アフリカオオコノハズク ポポちゃん  アフリカワシミミズク ヤマト

午後3時20分~ アメリカオオコノハズク 十三  オオフクロウ くるみちゃん


ご体験料ははお一人様が1回乗せるごとに200円になります。撮影は、スタッフでも撮ることができますのでお一人の場合でもOKです。撮影用のカメラをご持参ください。

また、平日などは空いていますが、日曜日や祝日、とくにこれからの春休みやゴールデンウィークなど混雑時は希望されるお客様が多く、待ち時間が長くなる場合もあります。

f090223001.jpg

方法・・・といっても簡単なんですが、ご紹介しますね。まず、猛禽専用のグローブをスタッフが渡しますので左手にはめます。子供さん用と大人用があります。

f090223002.jpg

次にフクロウを乗せやすいようにちょっと腕をまげて前に差し出していただきます。

f090223003.jpg

それから、スタッフがフクロウを手に乗せます。ここで面白いのは、フクロウは前に足を運ばせるのではなく、後ろに足を運ぶ格好でお客様の手に乗るんです。

f090223004.jpg

簡単に手に乗ってくれました。馴れていないフウロウは、こんなに簡単には人の手に乗ったりしませんが、この子たちは生まれたときから人に育てられていますので、みんなおとなしく、簡単に乗ってくれます。

フクロウは一見大きく重たそうに見えますが、羽根でモコモコしているわけで、実は軽く、こんなふうに女の子でも乗せることができます。

f090223005.jpg

ポーズを決めて、写真を撮りましょう。でも、フクロウがなかなかカメラを向いてくれないことも多く、シャッターチャンスに悩むことも。そんなときはスタッフがフクロウの顔をカメラの方向に向かせることもありますので、カメラを向いた瞬間をねらって素早く撮ってださい。

グローブをはめてから撮影終了まで、およそ2分前後といったところです。

もう体験された皆さんも多いことと思いますが、まだの方はぜひ次回ご来園の折に体験してみてください。時間によって登場するフクロウが違いますので、お目当てのフクロウがいましたら、その時間にふれあいゾーンまでおこしくださいね。



バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。