スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイレンプールの熱帯魚 

n09021001.jpg

2月17日 きょうはスイレンプールで最近増えてきた熱帯魚のお話をします。

当園のスイレンプールゾーンは、大きな3つの水槽に分かれていますが、そのなかでいちばん東側というか、ポポちゃんたちのいるフクロウとのふれあいコーナーに近いほうのスイレンプールで、最近熱帯魚がたくさん増えてきました。

この熱帯魚は、プラティーやグッピーなどの熱帯性の卵胎生メダカの仲間で、熱帯魚としてはごくポピュラーな種類です。でもたくさん泳がせると、鳥類とはまた違って、これはこれで楽しく、お客様にもとてもウケの良い生物です。

この掛川花鳥園がオープンした約5年前にも、この熱帯魚はプールのなかに無数に繁殖していました。しかし、その後結果的に水質を悪化させてしまい魚も死んでしまい、いない状況が長く続いていました。そんな頃、姉妹園の神戸花鳥園では、スイレンプールで熱帯魚が爆発的に繁殖し、お客様もとても喜んでおり、何とか掛川でも熱帯魚を復活させたいと、努力してきました。
それが実って、やっと掛川でも再び熱帯魚が見られるようになったわけです。

n09021007.jpg

現在はまだ一番東側のプールに多く見られるだけですが、水面を見るとたくさんの魚が泳いで、水面にさざ波が立っています。

熱帯魚の種類はグッピーとプラティーで、もともとは改良種のため美しい色彩だったのですが、プール内で世代を重なるにつれて先祖帰りしてしまって、プラティーなどは鮮やかなオレンジでなくなってしまい、だんだん原種に近い地味な色彩の個体も多くなってしまいました。

n09021002.jpg

でも、魚がいるようになると、お客様も魚を見るようになります。特に子供さんたちはスイレンより魚のほうがずっと面白いようです。

n09021003.jpg

少しの時間見ていただけですが、みなさんプールを覗き込んでいました。

n09021006.jpg

春が近づいてきて、日の光も強くなってきたので、スイレンの花も元気になってきました。

n09021005.jpg

当園のスイレンプールゾーンは、お客様にとってはコガネメキシコインコとのふれあいゾーンと言っても良いかと思うくらいコガネのほうが人気なコーナーですが、今後熱帯魚がもっともっと増えれば、より楽しいコーナーになると思います。


バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。