スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドクジャク 

k0902010013.jpg

2月11日 きょうは冬場が繁殖シーズンで、頻繁に羽根を広げているインドクジャクをご紹介します。

当園にはインドクジャクと変種のシロクジャクの2種類が、「ふれあいのこみち」と水辺の鳥とのふれあいゾーンに合計で13羽放たれています。クジャクは大柄なキジの仲間ですがエサやりも楽しめます。でもこの鳥の見どころは、やっぱり羽根を広げた姿でしょう。

この羽根を広げるという行動は、冬場の繁殖シーズンにオスがメスに自分をアピールするディスプレーで、そのため繁殖シーズン前の秋頃からあの美しい羽根が生えてきて、繁殖シーズンが終わる晩春になると羽根は抜け落ちます。一年中、美しい尾羽が生えていて羽根を広げているわけではないのですね。

k0902010014.jpg

ですから、この羽根を広げたクジャクは、当園でも今なら毎日簡単に見られます。とても美しいので、写真の題材にされる方も多く、当園の写真コンテストでも、昨年は何名もの方からクジャクの写真が寄せられたほどです。

k090201005.jpg

で、これはそのクジャクの交尾の様子。羽根を広げてメスに見せつけて、メスがOKするとオスはメスの上に乗って交尾します。この相手はシロクジャクですが、普通のクジャクとシロクジャクだと、どんな子供が生まれるんでしょうか?

k090201007.jpg

こちらは清楚なシロクジャク。今年はシロクジャクも毎日のように羽根を広げています。

今回たくさん撮ってみましたが、晴れの日だと温室の屋根のパイプが影となって羽根に落ちるので、美しく撮るには曇りの日の方が良いですね。これは普通のクジャクも同じです。

k090201002.jpg

クジャクが羽根を広げると、やっぱり皆さん集まってきます。

k090201008.jpg

このクジャクの羽根を広げた姿は、これからまだまだ4月頃まで見ることができます。でもその頃には羽根が擦れて痛んできますので、写真の題材にされるのでしたらこの冬場がベストです。毎日広げていますので、皆さんもいい写真を撮ってくださいね。



バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。