スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大温室の花 

o090126003.jpg

2月7日 きょうは立春を過ぎ、いっそう多くの花が咲き出した大温室の花についてお話しします。

花鳥園の大温室へ入ると、すぐ手前にある喫茶コーナーや、その奥の花の下のレストランなどの頭上などおよそ1500㎡の空間が、約2000鉢ほどの吊り鉢の花々でいちめん満開になっています。

今年は真冬の1月から花が多く咲いていましたが、2月に入ってなおいっそう花が多くなってきました。もう一面の花、花、花でとてもきれいです。

もう一つ、この春先はまだ気温が低く、温室天井の日除けのシートが掛からず、太陽の光が温室の花を照らします。多くの花が咲きその花々に早春の太陽の光が当たるから、この時期の花が一年でいちばんきれいに見えるわけです。

o090126005.jpg

現在この場所でいちばん多く栽培されているのはインパチエンスです。春先になるとホームセンターなどでもよく出回るる花壇用の花ですが、当園ではそれを直径1mにもなる大きなくす球状にして幾つも吊るします。

o090126004.jpg

花色はピンク系を中心に、ローズ、レッド、オレンジ、白などがあります。この花はめずらしい二色花。

o090102001.jpg

こちらはシダレノボタンという南米原産の花です。温室の奥のほうに5~6鉢の吊り鉢が吊ってあります。一輪の花は直径3cmくらいですが、たくさん咲いていてとても可愛くきれいです。

o090126002.jpg

つる性のアイビーゼラニュームも多く吊ってありますが、花はまだこれから。でも、花はそれほど大きくないですが、写真のようなかわいい花も咲いていました。

o090126006.jpg

こちらはウィンターベゴニアのラブミー。ベゴニア・センパフローレンスのような小さな花を無数に咲かせます。冬に花がみごとに咲くベゴニアですが、この花も冬場から春いっぱい見られます。

今回の写真を撮影したのは2月1日でした。この日は午前11時頃まで花鳥園にいましたが、お客様もそれほど多くなく、みなさんのんびりと鳥とふれあったり、花の下でバイキングを楽しんでおられました。

2月はまだ寒い日が続きますが、温室の中は早くも春爛漫になります。一年のうちでいちばん花がきれいな早春が、いよいよ始まりました。



バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。