スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コガネメキシコインコの飛行 その2 

k090123003.jpg

1月30日 今回も前回に引き続き、コガネメキシコインコの飛行シーンです。今回の写真は、空中で方向転換(ターン)した瞬間の様子です。

コガネメキシコインコのいるスイレンプールは、東西におよそ100mほどの幅があり、インコたちは温室の東の端と西の端でターンします。このターンの瞬間も、なかなか面白いシャッターチャンスで、今回むきになって撮ってみましたので、ご覧ください。

k090123006.jpg

今回の写真を撮った方法は、東西に長いスイレンプールゾーンのほぼ中央に立ち、温室の両端をねらいました。置きピンではターンする場所が微妙にずれるので、ピントは動体予測モードにして、シャッタースピードは800分の1秒以上程度に設定しました。

機材はEOS1DsMarkⅢ+EF300mm F2.8 L IS USMで撮りました。温室の中央からなので望遠レンズで撮りましたが、端に近いところからなら50mmのレンズでも良いと思います。ですが後日、AF速度の遅いレンズで試したら、動体予測で鳥に焦点が合う前に鳥が飛んで行ってしまいました。やはり瞬時にピントの合うレンズであることが条件のようです。

上の写真は温室の西側方向で「ふれあいのこみち」に近い場所でターンした様子です。

k0901200002.jpg

こちらは温室の東端、ポポちゃんたちのいるゾーンに近いほうです。

インコの向いている方向が、どれも同じなことにお気づきかと思いますが、これは、温室のなかで時計回りに、同じ方向に向かって飛んでいるからです。

この写真は曇りの日に撮りました。晴れた日のほうが明るさが増して良いように思ったので、後日晴れた日にも撮ってみたのですが、そうするとコントラストが強く出すぎるし温室の屋根のパイプなどが影となってインコに落ちますので、やはり曇りの日のほうが良かったです。

k090123007.jpg

k090124002.jpg

こんな画も撮れました。下の画像は温室の屋根のパイプと平行して飛んでいて、ちょっと面白いです。



前回と似たような動画ですが、基本的な飛行パターンがお分かりいただけるかと思います。撮影のポイント、タイミングなどのご参考に。

そのまま再生すると粗い動画になりますが、画面をダブルクリックしてYouTube側の画面から「高画質」を選択して見ると、少しはマシな画質になります。


k0901200004.jpg

私たちにとっては見慣れたコガネメキシコインコの飛行ですが、今回あらためて撮ってみて、撮り様によってさらに面白いシーンが撮れたり、まだまだ上手く撮れるんじゃないか・・・とか、新しい発見がありました。

この飛行の撮影はちょっと難しいかも知れませんが、興味のある方はお試しいただければと思います。インコの飛行シーンは、昨年は当園の写真コンテストに応募された方も少ないので、良いカットが撮れましたら今年はぜひご応募おねがいします!



バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。