スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新パンフレットの表紙に・・ 

12月5日 来年の1月末~2月頃を目処に、当園のパンフレットを改訂増刷することになりました。当園のパンフレットは、ご存知の方も多いと思いますがA4版の24ページカラーで、なかなかきれいなものです。毎回20万部ほど製作するのですが、約半年でなくなり、増刷するたびに新しく仲間に入った鳥などを入れて改訂しています。

さて、パンフレットは中身もですが、まず表紙がとても大切です。

今のところ、私の頭のなかで候補に挙がっているものに、人気の高いオオバタンのサンタ君、ポポコココンビ、それに最近入ったハルクインコンゴウインコの晴夏もいいかな・・と思っています。

それで、サンタ君などは良く撮れたカットもあるので、きょうは一応ポポコココンビを撮ってみました。

前回この2羽を撮ったのは6月で、ココちゃんのほうがまだ幼鳥の羽根だったので、できれば大人の羽根に生え変わった姿のほうがという意見もあったからです。

ですが、毎度のごとく、このコンビには泣かされます。1羽だったら一瞬こっちをむいた間にシャッターを切れば良いのですが、2羽並びは同時にこちらを向いてくれなければなりません。

そんなことで、そのときのカットをご紹介します。

t0812040001.jpg

まず、まぁまぁの完成品。2羽とも一応正面を向いたカット。

ですが、写真を見ればわかるように、ポポちゃんが離れています。基本的に、ポポちゃんは少し神経質で、となりのココちゃんが少し嫌なんです。スタッフによると、アメリカオオコノハズクの十三がとなりでも同じで、こんな格好にしかならないそうです。

ちなみにこの写真を撮ったレンズは、いつもタカの飛行ショーなどを撮る300mmの望遠です。望遠レンズは、遠くのものを撮るという使い方のほかに、近くのものを撮って背景をきれいにぼかしたい場合にも使用します。この夢みたいなボケの感じは、単焦点の望遠レンズ独特のもので、ズームレンズではこれだけきれいなボケにはなりません。

t0812050001.jpg

2羽向かい合ったもの。でもお互いを見詰め合ってるわけじゃないです。目線がちがうでしょ?こんなふうに、ほとんど2羽同時には前を向いてくれないです。

t0812050002.jpg

午前10時半の鷹匠ショーが終わって、スタッフの小澤さんがベンガルワシミミズクのルナちゃんを温室を通ってバックヤードに返します。この写真は、そのルナちゃんをやや警戒しながらじっと見つめている様子です。

t081203001.jpg

2羽とも後ろ・・・・ ほんとうに、なかなかこちらを向いてくれません。

お前らやる気あるのか!!

t081203002.jpg

およそ20分くらいで60カットくらい撮って、きょうはお終い。頭を撫ぜて毛をつまんでもらっていますが、人には本当になれています。

t081203005.jpg


やっぱりココちゃんは、以前6月に撮ったカットのときのほうが可愛いかったかな? それでも、まぁ、一応な感じのカットも撮れたからいいか・・。

さて、どんな表紙、中身のパンフになることやら。もうそろそろ編集開始です。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。