スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに サンタ君 

9月10日 きょうは久しぶりにオオバタンのサンタをご覧いただきます。

前回サンタを紹介したのは、今年の早春の3月8日でした。大きな子ですがとても可愛いので、皆様から高い評価をいただきました。


オオバタン 学名:Cacatua moluccensis 英名:Moluccan Cokatoo
オオバタンはインドネシアのモルッカ諸島周辺に分布する体長50cmほどの大型のオウムの仲間です。美しく人なつこいので古くから飼育され、そのため生息地では乱獲のため激減し、現在では商業目的の人工繁殖第3世代(F2)以降など一部の例外を除いて、国際取引が禁止されています。

この貴重な鳥、オオバタンのサンタが掛川花鳥園に来たのは、もう2年以上前で、この子はあるおばあさんが長年飼育されていたものですが、その方が施設に入ることになって飼えなくなってしまったので、当園に寄付されたものです。オオバタンをはじめ大型インコの仲間は一般に寿命が長く、30年以上にも及びます。とても長生きなのでいつまでも一緒にいられますが、人間のほうの状況が変ってしまう場合も、また多くあります。


さて、サンタは毎日午後の2時15分から2時45分までの30分間、ふれあいゾーンに入ってすぐの、ポポちゃんたちのいるコーナーでふれあいが行われています。

08090601.jpg

この子はもう、ほんとうに甘えん坊で、人になぜてもらったり、頭や体をかいてもらうのが大好きです。こんなふうに、翼の下の体をなぜてもらうのも好き。体の表面の羽根は薄いピンクを帯びる肌色ですが、羽根の内側は鴇色やサーモンピンク、黄色などが微妙に混じり、とても美しいです。

撫でてもらうのが大好きなサンタですが、顔の正面から手を持っていくと恐怖を感じるので、撫でるときは後ろから、頭や背中から撫でると良いそうです。

08090602.jpg

ご来園されたお客様にも平気で甘えてきます。もう犬やよく馴れたネコなみの甘え方です。そして羽根には大量の脂粉。オウム類は特に脂粉が多く、指が白くなっているのがわかります。

08090603.jpg

頭をさかさまにして、なでてもらっています。鳥ってこんなに甘えるもんかな~っと思ってしまうほど。っていうか、もう鳥らしくないですね。



動画でも撮ってみました。ちょうどご来園されたお客様に撫でてもらっている様子です。

08090604.jpg

頭の羽根をふくらませて、かいて~のポーズ。頭の羽根はサーモンピンクの花びらが重なったみたいにきれいです。

08090605.jpg

こんな甘えん坊のサンタですが、時として興奮して雄叫びを上げることもあります。ちょうどこの写真を撮った日は、甘えモードと攻撃モードが2~3分の間で交錯する場面もあり、感情の変化がすごくある鳥だなあと思いました。

鳴き声はものすごいです。近くで鳴かれると耳の鼓膜がジンジンするほど。野生での生息地が森深いジャングルなので、鳴き声で相手を確認するためと言われますが、それにしてもものすごいです。

なお、サンタは子供が嫌いで、花鳥園に来る以前に子供にひどいことをされたらしく、その時の経験がトラウマになって、今でも小さなお子さんには威嚇してきます。このため、子供さんは残念ですがサンタには触れません。サンタがいちばん好きなのは、年輩の女性だそうです。以前おばあさんに飼われていたから、やっぱり思い出して懐かしくて安心なんでしょうね。

08090606.jpg

スタッフの石山さんと。 サンタは普段はバードスタッフルームにいて見られませんが、午後の2時15分~45分までふれあいゾーンに出ています。こんなサンタですが、もしご来園されて見かけたら、一緒に記念写真を撮ることもできますので、一緒にいるスタッフに声をかけてみてください。だいたい石山さんが担当しています。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。