スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また生まれました。 

7月24日 今年は例年よりフクロウのヒナがよく生まれており、この7月にも、あらたにメンフクロウのヒナが生まれました。

メンフクロウのヒナは5月にも2羽生まれ、このブログでも以前載せましたが、今回は4羽生まれましたので、ご紹介します。

08072100003.jpg

こちらは7月の12日と14日に生まれた2羽です。撮影は7月20日で、生後6日~8日目くらいです。まだ目が開いていないようです。

摘まんで出したら壊れちゃいそうな気がしたので、飼育している入れ物に入れたままの状態で撮りました。湯のみ茶碗にティッシュを敷いて保温器に入れ約37℃で飼育しています。

08072100001.jpg

こちらは7月の3日と6日に生まれたほう。生後17日目と14日目。大きさは体長およそ12~3cmほどです。

それにしても・・・フクロウのヒナは、あまり、その、いまひとつ可愛くないですが、中でもメンフクロウのヒナって、これがメンフクロウになるなんてヒナからは素人目には想像もつかないです。

08072100004.jpg

スタッフから頼まれて、ちょうど持っていた望遠レンズで撮ってしまったので焦点以外ボケてしまいましたが、足の格好が興味深いです。エサをたくさん食べ体の重心が下腹部のあたりにあるので、こういう体勢になるんでしょうね。

08072100002.jpg

大きな口をあけてエサをねだっていました。

08072100005.jpg

生後17日目のヒナ。手に持つとこんな感じです。ふにゃふにゃのやらやらでしっとりしています。

08072100006.jpg

ちなみに成鳥も紹介します。今回もケンちゃんです。このヒナたちも、。生後2ヶ月でほぼ成鳥とかわらない体格に育ってゆきます。

これらのヒナは、現時点ではまだ一般には公開していませんが、そのうちまたフクロウのブースで展示しながら人に馴らしていくと思われます。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。