スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスカ 

7月12日 きょうは今年の春に生まれて、名前募集で最近名前が決まったベンガルワシミミズクアスカをご覧いただきます。

ベンガルワシワシミミズクはインド、パキスタン、ヒマラヤ、ミャンマーなどに分布する、ワシミミズクとしては中型のフクロウです。フクロウの仲間のうちでは好奇心が強く賢いと言われ、このような飛行ショーも無難にこなす個体が多く見られます。当園の飛行ショーでももっとも多く使っているフクロウです。

08071101.jpg

この子は、先月の6月19日に、まだ名前のない段階で撮影してこのブログで紹介しました。その後6月22日に「アスカ」と名前が決まりました。

080706081.jpg

いまではもう飛行ショーも無難にこなす優等生です。

08070610.jpg

スタッフの河合さんの腕に止まってエサを食べます。実はアスカちゃん、一日のうちでエサを食べられるのは、このショーの時だけなんです。ですから飛べば飛ぶほどたくさんエサが食べられるという歩合制なのだそうです。

08070612.jpg

園内にいるカラスに向かって叫ぶアスカ。会場の周辺にはカラスがいて、警戒するためかすぐそちらを見つめます。カラスがいると、鳥によっては固まって動かなくなってしまうこともあります。

08070613.jpg

後ろから。大人のフクロウだと、換羽で羽根が一枚抜けていたり、羽根の先の傷みが写真を撮るとわかるのですが、アスカは生まれたばかりなので、羽根の痛みも全く見られずとてもきれいです。

08071102.jpg

顔のアップ。体の大きさは成鳥と同じですがまだ幼鳥で、顔つきもまだまだあどけなさが残ります。目が濃いオレンジ色できれいですね。

080705001.jpg

アスカは朝10時半からのショーに登場します。ご来園された折には、これから暑くて外のショーの観覧はたいへんですが、見ていってくださいね。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。