スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掛川のインコ その2 

3月12日 きょうは「ふれあいのこみち」のアケボノインコほかを紹介します。

アケボノインコは、南米の熱帯地方に広く分布するピオヌス属のインコの仲間で、ボウシインコを小型にしたような、ややずんぐりとした体型のインコです。
頭部の青色が美しく、眼が大きく可愛く、鳴き声が比較的小さいため集合住宅でも問題なく、ペットバードとしてたいへん人気がありますが、手乗りで20万円前後と高価なため、あこがれている方も多いインコです。

掛川花鳥園では、現在13羽のアケボノインコがいます。でも、このコーナーにいるほかのインコにくらべ、ほんとうに大人しく、動かず、ここではかなり地味な存在です。

でも、よーくみて見ると、青い頭をしたとてもきれいなインコです。

0803121.jpg

最初の1枚から、この子は掛川花鳥園の子ではありません。すいません。私が自分の家で飼っているアケボノです。花鳥園にアケボノインコがいるのは、実はこの子からなんです。

2001年頃、当グループの松江フォーゲルパークが出来るにあたって、本格的に鳥を導入しはじめ、職場に身近に鳥がいるようになって、社長の家の中にもインコがいたりするうち、私もインコに興味を持つようになりました。

でも、住んでいるところは集合住宅。鳴き声のうるさい種類は無理でした。とはいっても中型クラスのインコが飼いたいし・・・それで本やネットでその頃さんざん調べて、悩んだ末アケボノインコにしました。眼がくりっとしていてかわいいし、おとなしいし、鳴き声も静か。まさにマンション向き。

それでもアケボノも時にはうるさく鳴くことも、後になって知るわけですが・・・

さて、その後掛川花鳥園が開園し、インコを導入するとき、掛川に入れたいインコ、何かある?と聞かれたので、私はアケボノがいい。といいました。ちょうど南米のガイアナの業者に在庫があり、すんなりと導入決定。そんなことで、掛川花鳥園にアケボノインコが来ることになりました。

0803127.jpg

最初はまったく人に馴れなかったアケボノも、半年も経つうち、その仲の2羽ほどが人に馴れて手に止まるようになりました。

しかし、花鳥園に入ったアケボノ、なんとなく普通のアケボノインコよりも大きいのです。入ったときはまだ頭に緑の羽根がある幼鳥で、1年ほどで頭の青い大人になりましたが、自分の家の子よりも確実に大きく、眼のまわりが白くなく灰色で、なんとなく雰囲気がワイルドなのです。

0803084.jpg


アケボノインコには、ニシアケボノインコ、アオアケボノインコなどの亜種が存在するそうですが、これ、もしかして亜種かなあ・・・とよく考えたものです。結局、いまだにわかりませんが・・・

08031210.jpg

ヨウムなどと比べても体の割りに眼が大きく、白目が濃い褐色で普通は黒目に見えるので、かわいいです。アケボノインコの名は、ノドの部分に紅色の羽根がかくており、夜明けの空からのイメージだとか。風流な名前を付けたものです。それにしても、色水浴びさせると青がかがやくんだけどなあ・・・ 

0803129.jpg

ともあれ、えさを近づけると、ゆっくり、ゆっくり歩いてきて、手にとまってくれる子もいます。

「きょうは 何かな。」

0803128.jpg

「リンゴとペレットだね。」

0803123.jpg

チャノドメキシコが来ました。 「リンゴおいしい?」 「 ま、ね。」

0803124.jpg

「どう? おいしい」 「うん。」

0803125.jpg

撮影は、スタッフの石山さんに手伝ってもらいました。 

今回は半ば私の趣味ですね。たくさん書いてしまいました。
機材:EOS1DsMarkⅢ+EF135mmF2 L USM ほか



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。