スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コガネメキシコインコ 

2月29日撮影 きょうは、リクエストのあった、コガネメキシコインコを紹介します。

掛川花鳥園には、コガネメキシコインコが約100羽と、近縁種のナナイロメキシコインコが
約30羽います。掛川花鳥園にご来園されたお客様が、もっとも簡単にふれあえる鳥です。

0802298.jpg

コガネメキシコインコは南米のブラジル北部、ギアナ、ベネズエラ南東部に生息するコニュアの仲間で、カラフルな色彩と人馴れのしやすさからペットバードとしてもとても人気のあるインコです。

0802297.jpg

こちらがナナイロメキシコインコ。よく似ていますが、背中がグリーン一色で、おなか側がきれいなオレンジ色です。

0802294.jpg

このインコの良いところは、人馴れのしやすさです。手乗り鳥として飼育されていなくても人を怖がらず、エサをくれることを学習すると、積極的に寄ってきます。この習性から、当園ではインコのふれあいの中心的な存在です。

写真は、ふれあい体験のエサを購入するところです。まわりは、すでにインコでいっぱいです。

08022910.jpg

エサを持つと、インコまみれになるのは時間の問題です。

0802292.jpg

スタッフの田代君です。

0802299.jpg

さらに、このインコのすごいところは、ときどき広い施設の中を集団で鳴きながら飛び交うことです。けたたましい鳴き声とともに、一群がお客様の横を駆け抜けるので、みなさんびっくりです。

08022918.jpg

東西に長い温室内を集団で鳴きながら移動します。南米の生息地でもこうなのでしょうか。日本ではペットバードとして人気のある鳥ですが、自然に近い姿を観察できるのも、当園ならではです。

08022915.jpg

この鳥の飛ぶ姿を撮るのは、以前かなり苦労したことがあります。それで今日は、マニュアルフォーカスであらかじめ焦点位置を決め、そこに鳥が飛んだときに連写してみました。結果は正解。これなら撮れます。
カメラはEOS1DsMarkⅢ+EF135mmF2 L USM, ISOは650です。

08022913.jpg

一羽、ヨダレカケズグロインコが一緒になって飛んでいます。わかりますか?

0802295.jpg

ヒット率上がりました。でもインコが飛ぶコースを少しでもずれると、もうピンボケの山です。
ほんとうは流し撮りで撮りたいところですね~。またそれは次回ということで・・

08022912.jpg

一羽ををトリミングしてみました。でもやっぱり、飛びもの撮りはおもしろいです。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。