スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八重咲きのブルグマンシア 

鳥が続いたので、1枚だけですが花の話題を・・


八重咲きのブルグマンシアです。


0802231.jpg

「エンジェルストランペット」とも呼ばれるこの花は、南アメリカが原産のナス科の
植物です。

当園とか、神戸の花鳥園とかでも、この木を園内に多く使っていますが、これは、
この木の生長がとても早く、挿し木しても一年で2mを越すほどに伸びて、1~2
年で立派な木になってしまうからです。そして、きれいな花も咲くし、時に良い
香りも放ちます。

花は年間を通して咲きますが、いっせいに咲いて、後2~3ヶ月休むみたいな
咲き方をします。花の大きさは、枝からは40cmを越す縦に長い花で、横幅は
20cm前後くらいです。

普通一重の大きなラッパみたいな花ですが、この写真の花は、めずらしい八重咲き、
二段咲きで、当園でタネをまいた中から、出来上がったものです。

この八重咲きのブルグマンシアは、大温室に入って、まっすぐ、喫茶コーナー
の前を通り過ぎて、水辺の鳥たちのいるコーナの入り口の少し前に、大きな
木になっています。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。