スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加茂花菖蒲園の花菖蒲これから見頃です。 

e100527001.jpg

5月30日 今回は、掛川花鳥園から車で約20分の距離にあり、この5月下旬から6月中旬にかけて見頃を迎える、姉妹園の加茂花菖蒲園のことについて、ご紹介いたします。

上の写真はこの5月28日に撮影した加茂花菖蒲園の園内。5月も末になり、見頃となってきました。

これから6月の中旬過ぎ頃までが花菖蒲の見頃。同園は6月27日(日)まで開園しています。

e100526003b.jpg
6月上旬の加茂花菖蒲園

加茂花菖蒲園は、掛川市の北西部、掛川市と遠州森町とのちょうど境のあたりにあります。園の広さは約1ヘクタールほどで、それほど大きな花菖蒲園ではありませんが、のどかな山里の風景と、江戸時代に建てられた、庄屋屋敷 加茂荘の門前に咲く花菖蒲がロケーション的に素晴らしく、日本でも有数の花菖蒲園として海外にも知られています。

同園は昭和の30年に開園し、今年で開園55年を経ており、一個人の運営する観光園としては、きわめて長い命脈を保っています。

しかし、花菖蒲だけで経営が成立していたのは昭和の末頃までで、それをかなり前から見越していた現在の社長、加茂元照は、今から20年ほど前に静岡県富士宮市に現在の富士花鳥園を造り、今から10数年前に同園にフクロウを導入したのを切っ掛けに、後の松江、掛川、神戸などの鳥園スタイルの園運営が展開してゆきました。今日ではそうした孫子の園に経営の主力を譲っています。

そうしたグループの変遷のなかで加茂花菖蒲園は、当グループの創業の原点として、また、自然や生物との調和共存を概念とする当グループの方向性の原点として、のどかな山里のなかで今年も例年通り花菖蒲を咲かせ、江戸時代より伝わる料理でお客様をもてなし、グループ各園に供給する植物を改良し、同時にその植物をお客様にもお見せしています。

いわば、当グループの根幹にあたる精神の部分を担っています。

e100527007.jpg

たとえばこの加茂荘の長屋門(ながやもん)は、今から238年前の江戸時代中期の安永2年の建築です。

桃山時代より続いた庄屋、加茂家の門として長い間この家の象徴であったこの門の意匠が、掛川花鳥園をはじめ、当グループの各園の門の形に繋がっています。

e100527006.jpg

庄屋屋敷内部は、江戸時代のままの姿が今日でも残されており、昨今では映画等のロケ地として使われる機会も多くなり、今年は春先に映画雷桜のロケ地の一つともなりました。

e100527005.jpg

また同園では、江戸時代より加茂家で作り伝えられてきた伝統の料理、庄屋料理なども花菖蒲園の開園シーズンにのみ、御来園されるお客様にお出ししております。

昔ながらの素朴で質素な料理ですが、同園のスタッフが近隣の野山で摘んだ山菜や、年間を通して仕込んだ漬物、味噌、しょうゆの実など、保存料を一切使わず、すべて昔のままの製法にこだわっています。

e100526003c.jpg

そのほか園内にある3000㎡の温室内では、当園が独自に改良し、今年から園芸ショップ、ホームセンターでも販売され、一躍人気となったオリジナルアジサイ「加茂セレクション」の展示や販売なども行われています。


これからの夏場の季節は、春にものすごく見事だった掛川花鳥園の園内の花も一休みのシーズンです。ご来園の際には、掛川花鳥園から車で約20分の加茂花菖蒲園を訪れてみてはいかがでしょうか。


掛川花鳥園がなぜこんなに素晴らしいか、それは、この加茂花菖蒲園を見ると、なんとなく理解できると思います。


加茂花菖蒲園ホームページ 
加茂花菖蒲園の紹介 観光のご案内 アクセスなど。

加茂花菖蒲園 公式ブログ 
読んでからご来園されると、加茂花菖蒲園がより楽しめます。

今年の花菖蒲の開花予想

 やっぱり開花最盛期に訪れたいもの。そんなときのご参考に。

QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/



スポンサーサイト

富士山静岡空港 

090917003.jpg

9月20日 きょうはちょっと趣向を変えて、今年の6月4日に開港した、富士山静岡空港と、そこから掛川花鳥園までの行き方をご紹介します。

富士山静岡空港は、掛川の東にある島田市と榛原郡榛原町にまたがる丘陵地帯にあります。掛川インターからは車で30分程度の距離にあり、私たちにとって身近になった空の玄関です。

090917002.jpg

富士山静岡空港からは、国内線は札幌、小松、福岡、熊本、鹿児島、沖縄へ便が延びています。国際線のほうは、ソウル、上海へ行くことができます。ですから北海道、九州地方や、ソウル、上海などからは、羽田空港や中部国際空港へ降りるよりもこの空港を利用されたほうが、静岡の中部域に行く場合は便利になります。

090917006.jpg

空港内の売店。地元静岡の名産がずら~と並んでいました。お茶にわさび漬け、浜名湖のうなぎパイ。やっぱり静岡と言えばこんなとこでしょうか。

090917004.jpg

取材に行ったちょうど午前の10時45分に、大韓航空機が着陸したので撮ってみました。ソウルまでは2時間10分で到着するそうです。

090917001.jpg

さて、空港玄関を出て左に歩くと、静岡や浜松行きのバス停が並んでいます。掛川花鳥園へ向かうには、掛川行きのバス停から乗車します。

090917009.jpg

こちらがその時刻表です。掛川へは1時間に1~2本の便があり、約42分でJR掛川駅南口に到着します。料金は大人の方で掛川駅まで片道700円です。

090917005.jpg

こちらは到着地のJR掛川駅のバス停です。ここからはタクシーを利用されれば3~4分程度で掛川花鳥園まで到着します。また徒歩でも約10分程度で行くことができます。

掛川駅南口からの歩き方は、下記のブログをご覧ください。

掛川花鳥園 公式ブログ 駅から歩いてみよう


当園のA4版のカラーパンフレットをみると、英語、中国語、韓国語でも表記されているように、当園は海外の方にも知られるようになってきました。特に韓国や上海から当園に来られるお客様にとっては、富士山静岡空港はたいへん便利な空港ですので、ぜひご利用ください。



バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


小笠山総合運動公園 ECOPA 

e090212001.jpg

2月19日 今回は昨年末の法多山の紹介に続いて、掛川花鳥園の近隣の行楽スポット、小笠山総合運動公園 ECOPAをご紹介いたします。

掛川市のお隣の袋井市にある小笠山総合運動公園は、掛川花鳥園から車でわずか6分程度で行くことができる、当園にもっとも近い行楽スポットの一つです。2002年のサッカーワールドカップを目処に建設され、「小笠山総合運動公園」という正式名称より、「エコパ」 、 「エコパスタジアム」と呼ばれることのほうが多く、今年度は年間で90万人ほどの来場者が見込まれています。上の写真左がエコパアリーナ。右がエコパスタジアムです。

小笠山総合運動公園 ECOPA 公式サイト

ek090213002.jpg

静岡スタジアム エコパ
2002年に行われたサッカーのワールドカップの会場の一つともなったエコパスタジアムは、この総合運動公園の中核となる建物です。

延床面積83,278.69㎡ 地下1階、地上6階建で、約5万人もの人が収容できるスタジアムです。陸上競技やサッカーの競技場として有名ですが、そのほかにもコンサートや文化芸能イベント、展示会他などに使われています。
これまで2002FIFAワールドカップ、2003NEW!わかふじ国体、2006ねんりんピック静岡開会式の開催などが行われ、サッカーのJリーグの試合や、冬場の平日は地元の高校のマラソン大会もあったり、また「陸上個人利用」日が月に数日あり、この日は大人200円、学生100円で一日トラックを走ることができたり、連日さまざまなイベントが行われています。

取材させていただいた日も地元の高校生のマラソン(といっても10kmほど)大会が行われていましたが、最近では学校のマラソン大会も一般道では道路事情などで難しく、こういう場所のほうがかえって走りやすいそうで、希望される学校がとても多く抽選方式になっているそうです。

でも学校の授業の一環でエコパで走れるなんて、今どきの生徒は恵まれていますね。

e090212006.jpg

エコパアリーナ
エコパスタジアムに隣接し、85m×49m=4,165㎡の広さを持つフロアに最大1万人収容の観客席。フロア、観客席のレイアウト、演出やショーアップも自在にできて、各種競技からコンサート、展示会、講演会、コンベンションなどイベントまで多目的に対応します。昨年も小田和正、倖田來未、浜崎 あゆみ 、平井 堅、ゆず、B'z、安室奈美恵など、超一流のアーティストのコンサートが開催されました。

このほかにも補助競技場、投てき練習場、多目的運動広場、人工芝ピッチ、グラウンドなど様々な施設が総面積269ヘクタールの敷地中に造られています。

ek090213004.jpg

ビオトープ園 自然塾
このように運動公園として有名なエコパですが、その広大な敷地や、小笠山の裾野にあるという立地条件を生かして、山のなかに「ふれあいの森」のウォーキングコースや、ビオトープ園などの自然を生かした施設も造られています。

エコパでは近年、この自然を利用した施設造りやイベントに力を入れており、その象徴的なプログラムに「自然塾」という親子参加の体験学習があります。これは小学生の親子60組による年8回の自然教室で、プログラムは季節ごとに毎回趣向をかえて自然を学べるようにしています。内容はシイタケの菌打ちや植樹、野草遊び、お茶もみ、ホタル幼虫の放流、夜間の昆虫観察、クワガタ・カブトムシの育て方教室、秘密基地づくり、炭焼き体験、クラフトに挑戦、門松づくり、もちつき大会など様々なプログラムを行い、学校では教えてくれない、自然の楽しみ方を学んで行きます。

エコパ自然塾 公式サイト

ek090213003.jpg

また、あさって2月21日、22日の2日間は、「エコパ花の郷 春よ恋まつり 2009」と題して、梅まつりのイベントも行われます。昨年から始まったこのイベントも、昨年は13,000人ものお客様が訪れたそうです。ほかにも、河津桜、染井吉野を始め数十種類の桜が約1,000本植えられた花の郷や芝生広場などもあります。

このように小笠山総合運動公園 エコパは、運動公園(有料、無料)以外にも自然に親しむ様々な施設があります。当園から車で6分ほどのごく近い場所にありますので、ご来園の際はぜひエコパにも立ち寄っていただけたらと思います。

なお、今回取材にご協力していただいたエコパハウスの戸倉様、ならびに原稿を監修していただいたマネージャーの方に、この場をお借りして御礼申し上げます。

なお、次回は3月に「ヤマハリゾート つま恋」をご紹介する予定です。



バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/



近隣の観光施設 その2 法多山 

12月28日 暮れも押し迫る頃となりました。今回はお正月にご来園されるお客様向けに、花鳥園からごく近い有名な初詣スポット、袋井市にある法多山(はったさん)をご紹介いたします。

法多山は、掛川市と袋井市にまたがる小笠山の山中にある真言宗の寺で、寺号を尊永寺と称し、高野山真言宗に属し本尊正観世音菩薩は俗に厄除観音として知られています。可睡斎、油山寺とともに遠州三山の一つとされ、お正月には大勢の初詣客で賑わうほか、年間を通して様々な行事が行われています。


法多山は、掛川花鳥園からは車で約15分の近い距離にあります。お正月は、法多山と花鳥園のセットでご来園されるお客様も大勢おられます。法多山の初詣客はたいへん多く、このため道中は渋滞が予想され、お正月は当園から15分では法多山にたぶん着かないだろうと思います。


t081210001.jpg

さて、まず法多山の仁王門までやってきました。「国指定重要文化財。桃山時代の遺風を残す三間一戸の雄大な楼門である。」とのことです。

仁王門を通ると、右手に杉の並木が並ぶ参道がずっと伸びています。この杉木立の距離は300mくらいだったでしょうか? 

t081210004.jpg

杉並木の参道が終わり、長い石の階段を息を切らせながら上ると、やっと法多山尊永寺が現れました。この本堂は、現代建築の粋を集め昭和58年落慶されたもので、本尊に東海随一の厄除正観世音菩薩を安置されています。広く大きく立派な本堂です。

厄除けで有名な法多山。 月に一日、厄除正観音菩薩の功徳日(縁日)があり、その日にお参りすると、何日もお参りしたことになるのだそうです。特に7月10日のお参りは、浅草観音などと同じく四万六千日も参ったと同じご利益があるとのことです。

四万六千日を年に換算すると126年ほどなり、それじゃこの日に行けば後行くことないじゃん。と思いました。

t081210005.jpg

さて、お寺の参拝を終えた帰り道には、もうひとつ、大きな楽しみがあります。それはこの法多山でしか販売されていない、名物の厄除(やくよけ)だんごです。

当地方の人たちにはとてもなじみ深い法多山の厄除だんご。子供からお年寄りまで皆大好きです。今回、法多山の紹介を思い立ったのも、半分(いや、・・ほぼ100% )はこのだんごがお目当てです。

t081210006.jpg

だんごといっても丸くはなく、スティック状のだんごが繋がっていて、5本の串がささっています。繋がっているだんごは簡単に離れるので、一本づつ離して食べてもいいし、5本全部一気に食べることも( そんな人あまりいませんが・・・)できます。

食感はもちもちっとしつつ歯切れも良くなっています。あんこはこしあんとつぶあんの中間くらい。甘すぎず、甘さがちょうど良く、かと言って妙に上品ぶってもいない素朴なだんごで、くせがなく、味、食感ともすっきりしていて、後を引くうまさなのです。

また、これだけの銘菓なのに、この法多山でしか販売されていません(まれに出張はあるようですが・・)。それも門前市では販売されておらず、境内の直売所と、法多山の駐車場手前のだんご製造所でしか普通は購入することができません。そして、地方発送も行っていません。日持ちは翌日までです。

まさにここだけの特別なだんごなのです。写真の一皿で200円。となりはお土産用の箱入りで12カサ入り1000円。この半分の6カサ入り500円もあります。

何だか法多山名物だんご企業組合の回し者のような書き方ですが、これはもう、遠方の方にとっては花鳥園に行ったついでにここまで来て買うだけの価値が十二分にあるというレアもの。いままで花鳥園だけで満足されていた方に、ぜひ味わっていただきたい当地の味です。

t081210003.jpg

厄除だんごのアップ。ネットで検索すると、このだんごも多くヒットしますが、ここまでおいしそうに克明に撮れた法多山だんごは、なかなか見られないと思います。

t08121905.jpg

こちらは毎月の縁日限定の茶だんご。 ほのかなお茶の風味があります。こんなふうに2~3本に分けて食べます。おいしそうですね。また買いに行きたくなってしまいました。 お正月に花鳥園にご来園された際には、法多山で初詣と厄除だんごを買われてはいかがでしょうか。



近隣の観光施設 その1 掛川城 

t08120803.jpg

12月18日 今回は、当園から外に出て、花鳥園から近い近隣の観光施設についてお話します。

掛川というところは、静岡県のなかでは伊豆や富士周辺のような観光地ではありませんが、せっかく花鳥園を見に掛川に来られるのですから、お時間が許せば近隣の観光地にも足を向けられ、当地方をより知っていただければ、と、そんな思いもあり、これから、折をみてときどき、こんな内容のブログも書いてみたいと思います。


それで、今回はその1回目。 掛川といえば、まず 掛川城 です。

t08120801.jpg

こちらはJR掛川駅の北口です。掛川城は、JR掛川駅の北口から真北に歩いて約7分~10分くらいのところにあります。

JR掛川駅の北口は、新幹線が止まる駅としては唯一の木造駅舎です。

20年くらい前、新幹線駅の造成とともに北口も駅前の大掛かりな整備が行われ、その時に古い駅舎もてっきり取り壊されると思いましたが、掛川市長を20年以上勤められた榛村純一前掛川市長が、木の文化を大切にするという姿勢から、1940年に建築された駅舎を壊さずに残しました。

t08120807.jpg

駅から約10分ほど歩き、掛川城に着きました。こちらは掛川城の二の丸御殿の外観です。掛川城御殿は、現存する数少ない城郭御殿として、国の重要文化財に指定されています。現在の御殿は、江戸末期の安政元年(1854)の東海大地震で壊滅した後、安政2年(1855)から文久元年(1861)にかけて再建されました。

御殿は7棟よりなる書院造りで、約20部屋に分けられています。

t081209001.jpg

御殿を後にして、急な階段を登り、お城に向かいました。 

掛川城は、室町時代中期に今川義忠の命によって重臣の朝比奈泰煕に築城させたものです。その後、戦国時代、徳川家康が東海から関東へ移封されると、掛川城には豊臣秀吉の直臣であった山内一豊が掛川城主となり、一豊は掛川城の大幅な拡張を実施し、石垣・瓦葺の建築物・天守など近世城郭としての体裁を整えた城郭としたそうです。(ウィキペディアより)

江戸時代の天守閣は、安政の東海大地震で壊滅しましたが、平成6年に再建され、戦後初となる木造天守として掛川のシンボルとなっています。

一昨年は大河ドラマ「功名が辻」の影響で、掛川城にも大勢の観光客が訪れました。小さなお城ですが、江戸時代の図面をもとに再建された、当時のままの純木造の城です。

鉄筋で造らず、日本の伝統を大切にする。日本古来の木の文化を大切にする。駅舎と同じ思想がこのお城にも表れています。前市長と親交のあった当園の社長は、この考えの土台の上に、収益性を伴った現代に通用する施設「花鳥園」を造ったわけで、土台となる思想は駅舎やお城と同じです。


t08120805.jpg

お城内部は4階に分かれており、階段はとても急です。その階段を登りつめて、天守郭最上階から掛川市内を見た様子です。

なんてこと無い、おだやかな、ふつうの街です。正面の低い丘陵は、小笠山です。ここにはサッカーやコンサートで有名な小笠山総合運動公園 エコパドーム、エコパアリーナがあります。ほかお正月は参拝客で賑わう法多山などがあります。

法多山、エコパは、また今度ご紹介しますね。

t08120806.jpg

花鳥園が見えないかな・・・と思って望遠レンズで見ると・・・。あ、見えた! 白く光る温室の屋根。でも中央部は掛川グランドホテルと、横は長く東名高速道路の防音壁で隠れてしまってます。花鳥園の外観説明にはなりませんが、まぁ、お城からも見えるということで。

この企画は次回は年末に、花鳥園とセットでお正月の初詣に良い、法多山をご紹介します。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。