FC2ブログ

クジャクバト 

100302005_convert_20100302142649.jpg

3月9日 今日はスイレンプールゾーンにいる、クジャクバトを撮ってきましたので、その紹介です。

クジャクバトとは、カワラバトの改良品種で、普通のハトの尾羽が12枚程度なのに対して、クジャクバトは20~32枚あり、その尾羽が扇状に広がっているところからこの名があります。当園には去年産まれた個体を合わせて、20羽ほどいます。

100302001_convert_20100302142512.jpg

クジャクバトたちはいつも、スイレンプールゾーン入り口を出て、すぐ右側のブルグマンシアが植えられているところに集団でいます。ここがクジャクバトたちのテリトリーになっているようで、巣がいくつもあります。去年もこの場所で、クジャクバトのヒナが産まれました。

100302003_convert_20100302142607.jpg

巣材は主に、ブルグマンシアの落ち葉や、小枝、抜け落ちた鳥の羽根で作っているようです。今日も写真を撮ってる間、せっせと落ち葉を運んで巣営(巣作り)をしていました。

100302002_convert_20100302142541.jpg

じっとしていてずっと動かない個体がいたので、もしかしてと思い少しどいてもらうと、思ったとおり卵を温めていました。去年は6月ごろに繁殖が始まっていたので、まだ少し早いような気がしますが、花鳥園の温室内は常にある程度の室内温度を保っていますので、あまり時期は関係ないのかもしれないですね。

100302004_convert_20100302142629.jpg

写真を撮らせてもらって、退くとすぐさまオスとメスが一緒に温め始めました。邪魔しちゃってごめんね。
卵は無精卵の場合もありますが、できれば有精卵であってほしいですね。新しいヒナが産まれてくる事に期待します。(波照間)


QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


写真コンテスト09 次点作品のご紹介 その2 

12月11日 昨日に引き続き、掛川花鳥園写真コンテスト2009の、最終選考まで残った作品のご紹介です。

s091208006a.jpg

はじめまして、仲良くしてね  長坂トキエ
今年の秋に当園にやってきた、サカツラガンとのふれあいをテーマにした作品。このお母さんと息子さんの表情がとても生きいきとしていて素晴らしく、私もよっぽど選びたかった作品ですが、入賞された作品に登場する男の子と同じ子だったので、やむなく次点とさせていただいた作品です。

s091208006.jpg

親子の絆 溝口靖紘
クジャクバトがヒナにエサを与えている様子です。親の表情や羽根の生え始めたヒナの動きが、躍動する生命の力を感じさせます。なかなかこうヒナが翼を広げた瞬間というのは撮れないですし、構図も良く、素晴らしい作品だと思います。

s091208002.jpg

仲良くしようぜ! 堀 静雄
こちらはまたおじさん(失礼!)とコガネのユーモラスな作品。ネーミングも粋な感じです。

s091208001.jpg

観て、観て~! 倉本光子
ディスプレイで羽根を広げているシロクジャク。口を大きく空けているので、鳴いた瞬間でしょうか。勢いの良い感じになりました。
なお、クジャクの綺麗な飾り羽は、冬場の繁殖期のデスプレイ用で、晩秋頃から春頃までよく羽根を広げていますが、やはり春先まで来ますと羽先とかがだいぶ痛んで来ますので、撮られるなら年内~1月頃までが痛みもなく綺麗です。

s091208005.jpg

水辺の風景 関塚きせ子
こちらは加茂花菖蒲園の作品。水辺に咲く花菖蒲です。水面のさざ波が美しく、全体から六月の頃の太陽の光の勢いとその中で生きる植物の生命力が感じられます。

s091208004.jpg

凛と咲く 尾上裕子
こちらも加茂花菖蒲園の作品。この花は花菖蒲ではなく、花菖蒲と、花菖蒲に近縁のキショウブを交配して出来たグループの花です。花の中心の黄色い目型模様の周囲に濃い縁取りがあることから、このグループは「アイシャドウ アイリス」と呼ばれ、加茂花菖蒲園ではこのグループも多く植栽されています。

s091208003.jpg

水浴び気持ちいい 柴田幸市
ツキノワテリムクの水浴びシーン。シャッタースピードをやや抑えて、揺れる翼や飛び散る水滴のラインを描いています。これで鳥の顔がボケると画になりませんが、さすがその部分はしっかりピントも合っていて、すばらしいと思います。


QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


初登場!タンブラーピジョン 

IMG_2876.jpg

こんにちは波照間です。
10月14日 今日は、今までブログで紹介したことのない鳥、タンブラーピジョンを紹介します。首回りの羽は、鋼のような光沢があり、胸が大きく、くちばしの根元にオデキのような膨らみのある、とても可愛らしい鳥です。

IMG_2864.jpg

首回りの羽は、見る角度により、緑褐色に見えたり、紫褐色に見えたりします。曇りの日でもこの光沢は見ることができますので、写真に収めるのは容易です。

IMG_0910.jpg

お腹がすくと、この写真のように売り餌台の周りに集まってきます。そのままばらまいてあげるのも良し、手から直接あげることもできますよ。

IMG_2997.jpg

この写真のように手に乗ってくれる子は3羽いいるそうです。常に売り餌台のまわりをウロウロしているのでわかりやすいですよ。

IMG_2883.jpg

スイレンプールゾーンに入ってすぐ左に、クジャクバトやタンブラーピジョンたちの巣があります。

IMG_2891.jpg

巣の材料は、枯れ枝や葉っぱ、抜け落ちた羽根などで作っていました。同じハトの仲間のクジャクバトは何度か孵化してるので、タンブラーピジョンのヒナもそう遠くないかもしれませんね。ご来園の際は、タンブラーピジョンたちにごはんをあげてみてくださいね。とても可愛いですよ。


QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


クジャクバトの子育て 

0907180006.jpg

7月23日 今日は、スイレンプールゾーンにいる、クジャクバトの紹介をします。

クジャクバトとは、カワラバトの改良品種で、普通のハトの尾羽が12枚程度なのに対して、クジャクバトは20~32羽あり、その尾羽が扇状に広がっているところから、この名があります。

当園ではこの白いクジャクバトが、21羽いますが、今年の6月頃より繁殖がはじまっています。

0907180001.jpg

上の写真の子と、こちらの写真の子は、6月19日に産まれた子です。見た目も親と変らないのに、まだエサを親からもらっていたので撮ってみました。
見た目はりっぱでも、まだまだ甘えん坊なんでしょうね。

0907180002.jpg

続いてこちらは、7月の上旬に産まれたヒナです。体長はおよそ12cm位しかなく、まだまだヨチヨチ歩きでとても可愛らしいですよ。

0907180003.jpg

こちらはお母さんからエサをもらっている様子です。
まだまだ頭も小さく、お母さんの口の中にすっぽりと入ってエサを食べている時もあるそうです。

0907180004.jpg

お母さんが、ヒナの羽根のお手入れをしている様子です。お母さんが優しい表情をしているでしょう?
ヒナもとっても気持ち良さそうでしたよ。

0907180005.jpg

ヒナはとっても可愛いので、このように写真を撮るお客様もよくいらっしゃいます。
ポポちゃんたちのいるコーナーからスイレンプールゾーンに入ったすぐ右にいますのでご来園されましたら、見て行ってくださいね。


バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


最近生まれたヒナたち 

090603001.jpg

6月8日 春から夏にかけては、鳥たちのヒナが毎年多く生まれます。今回は最近当園で生まれたヒナのなかから、3種類をご紹介します。

まず上の写真は、スイレンプールゾーンのクジャクバトのヒナです。この3月に当園に来たクジャクバトが、もうヒナを孵していました。

090603002.jpg

場所は、ポポちゃんたちのいるコーナーから、スイレンプールゾーンに入る入り口のすぐ脇のちょっとしたスペースです。クジャクバトたちはここで生活しているようで、ほかにも卵を温めているハトがいました。

090603005.jpg

こちらは水辺の鳥とのふれあいゾーンのショウジョウトキです。 以前から卵を温めていましたが、このほど待望のヒナが誕生しました。 写真はショウジョウトキの巣と両親です。

090603004.jpg

申し訳なかったのですが、ちょっと退いてもらいました。孵ったばかりのヒナと、卵がまだ一個ありました。

090603003.jpg

ヒナの大きさは直径8cm程度だったように思います。親鳥とは全く別で、真っ黒です。まだ眼が開いていないようですね。

090603006.jpg

最後は先月5月の7日と14日に生まれたマガモのヒナ。この子らはポポちゃんたちのいる場所に展示されていますので、ご覧になった方も多いと思います。かなり成長してきました。

ほかにも、シロクジャクや、フクロウなどが生まれています。その中から次回は、アフリカオオコノハズクのヒナをご紹介したいと思います。


バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


FC2 Management